妊娠中 乾燥

妊娠中の頑固な乾燥

妊娠をした友人が、妊娠をしてから肌が荒れて、旦那さんにも指摘されてしまったと言っていました。
そんなに肌が変わってしまうのかと思っていたのですが、数年後、身をもって体験することになりました。

 

もともと乾燥肌だったのですが、妊娠前は日頃のケアで潤いのある肌を保っていました。
しかし、妊娠後は普段と同じお手入れをしても、ほとんど肌に浸透して行かないのを感じました。

 

また、妊娠初期ではつわりによる体調不良で、思うようにケアを出来ない日もあり、肌が乾燥でボロボロになってしまいました。
そして、ボロボロになった肌が黒ずんで、色素沈着をするようになりました。

 

気がつくと、手や唇も乾燥して痛くなることが多くなりました。
乾燥肌でしたが、今まで手と唇はほとんど乾燥したことがなかったので驚きました。

 

ハンドクリームやリップクリームは持っていたものの5年以上も前のものだったので
、これを機に買い換えました。

 

痛くて仕方がなかったので、常に持ち歩くようになったのですが、
ハンドクリームとリップクリームを携帯したのは、妊娠してからが初めてでした。

 

お腹や腰、お尻、太ももにかけても乾燥がひどく、不安が募りました。お腹だけでなく
、腰や太ももにも妊娠線ができると聞いたことがあるので、顔だけでなく全身の保湿ケアが必要だと感じました。

 

通販や雑誌で妊娠線専用のクリームを探したのですが、
どれも高く全身に使ったらあっという間になくなってしまうので、
ドラックストアで1000円ちょっとの手頃な専用クリームを購入しました。

 

なかなか頑固な乾燥だったのですが、さすがに専用のクリームだけあって伸びがよく、
潤いも持続しました。毎日塗っており、妊娠9カ月に入ろうとしているのですが、
妊娠線の気配がないので効果が出ているようです。

 

顔の乾燥と色素沈着はまだ落ち着いていないのですが、
乳液と美容液を何回かに分けて足すことで粉吹きは改善され、潤う時間も増えました。
あとは、子どものため、肌のために栄養バランスのとれた食事をとれるように頑張りたいと思います。