妊娠線予防クリームおすすめ

妊娠線を予防するおすすめクリームをご紹介

妊娠中というのは、体調の変化だけでなく体型の変化も著しい時期ですね。
おなかのなかで赤ちゃんが育っていくのをおなかのふくらみで感じるのはとても幸せなことです。

 

ですが、気になるのが「妊娠線」ですね。
おなかが急に大きくなることでむりやりおなかの皮膚が伸ばされてしまい、表面に裂けたように表れるのが妊娠線です。
安定期の妊娠5〜7ヶ月頃にできることが多く、その前兆としておなかが痒くなったりかさついたりする症状を感じる方も多いようです。

 

妊娠線は出産後も残り、赤ちゃんを産んだ勲章!と思えば良いのですが、やはり美容の面で気になってしまうものですね。

 

妊娠線ができるのは個人差もありますが、やはり保湿をしっかりしておくことが第一に必要です。
とにかく気になったときにはクリームやローション、ワセリンなどなんでもよいので乾燥させないことが大事です。

 

妊娠線予防のクリームなども販売されていますが、保湿ができれば特になんでも良いですよ。
そして、急激におなかの中の赤ちゃんが大きくなる時期でもあり、プレママの食欲も増加する時期でもあるので、食事をしっかり管理して体重管理も適切に行いましょう。

 

また、おなかが張ったりしない程度にウォーキングやプレママ用のストレッチ・ヨガなどを行うのも効果的です。
さらにフルーツなども摂取してビタミンも積極的に摂り、肌の潤いをキープするためにコラーゲンを含む食材をたくさん食べるのも、妊娠線予防に良いといわれています。

 

一度出来てしまうと出産後も残る妊娠線。
後で「あのときちゃんと手間を惜しまずお手入れしておけばよかった」と後悔しないように、入浴後やトイレの後など、おなかを出した時にはすぐに保湿のためにクリームやローションなどを塗りまくりましょう。

 

おなかが大きくなればなるほど妊娠線ができるリスクが高まるので、出産直前までしっかり手抜きせずに保湿ケアを欠かさないようにすることも重要です。

 

またチェックしづらい下腹部にもできやすいため、家族にもチェックを手伝ってもらうのもおススメですよ。

 

 

出産後の妊婦は体質が変わる

出産後は妊娠線も含めて、女性は体質が変化します。
髪の毛が抜けやすくなったり、肌が黒ずんだり、痩せにくくなったりします。それらはすべてホルモンバランスが影響するのです。

 

特に出産を終えた母親が悩むのが、妊娠線や脇の黒ずみ。これらは、出産後に改善しようとしてもすぐに元に戻りません。ですので、妊娠中にいかにケアして出産後に控えておくかが大切です。

 

今では、妊娠線予防クリームや脇の黒ずみジェルなどもありますので、早めに購入してケアしておくと後々自分の体に悲観することを防ぐことができます。とはいっても出産後も時間はかかりますがケアして元の体に導くことができますので、決して諦めないで下さい。

 

何よりも、自分の体が妊娠や出産で変化していくことを意識して、それに備えておきましょう。